×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 最上三十三観音霊場 巡礼札所

 

  


NDソフトスタジアム観戦ガイド
スタジアムグルメ

スタジアムへのアクセス
スタジアムの周辺ガイド
スタジアムからの観光情報
山形の宿泊ガイド



足をのばして 観光情報
1、天童・山形北エリア


地図上をクリックすると、他エリアのページへジャンプします

 天童エリアの概要
1、山寺立石寺(芭蕉の句で有名な絶景の地)
2、若松観音(めでためでたの若松様)
3、奥の細道フルーツライン(観光果樹園地帯)
4、天童最上川温泉ゆぴあ(大露天風呂の日帰り温泉)
5、寿々喜そば屋
6、あきばや


他エリアの観光情報へ

 2、東根・村山・河北町エリア
果樹王国ひがしね、村山そば街道、肉そばの谷地 などここから北へ足を延ばせば、大正ロマンの銀山温泉や、大石田そば街道などもあります。

 3、山形エリア
霞城公園、山形牛やご当地ラーメン、芋煮会 など。県の中心部なので、各地へのバスターミナルやビジネスホテルや繁華街もあります。

 4、西・東村山エリア
観光果樹園、日帰り温泉が充実。自然環境も豊か出羽三山や庄内地方への玄関口でもあります。

 5、蔵王・上山エリア
蔵王温泉と高原、お釜、上山温泉、慶長出羽合戦古戦場など

 6、その他 県内の代表的な観光地
出羽三山、蔵王、米沢、庄内、銀山温泉、最上川船下り など



 モンテディオ山形ホームタウンの天童市周辺は、山形県でも指折りの観光地域でもあります。

 芭蕉の句でも知られる山寺立石寺をはじめ、めでためでたの若松様こと若松観音、さくらんぼ等の観光果樹園は、いつも観光客で賑わっています。

 温泉も大小の旅館が建ち並ぶ天童温泉街に加え、東北最大級の露天風呂を持つ日帰り温泉「ゆぴあ」があります。

 なお、天童温泉の宿泊情報はこちら
 http://www.geocities.jp/dewaichirizuka/ndsta_hotel.html#tendou_hotel

1、山寺立石寺(やまでらりっしゃくじ)

麓から

登山口

根本中堂

 スタジアムから車で東へ約15分。または仙山線の山寺駅下車。
開山1300年の古刹、山寺立石寺はあります。

 また週末には、天童駅から天童温泉→観光果樹園で山寺へ向かう乗り合いワゴン車「観光駅馬車」が無料運行されています。(天童温泉組合で運行しているので、宿泊客優先。空きがあれば利用可能。くわしくは直接お問い合わせ下さい)

 観光駅馬車 http://www.tendoonsen.or.jp/guide.html

 

五大堂付近

五大堂より

仁王門 冬

 石段は全部で1015段。上まで登って観光するなら2時間は欲しいところ。なお、。仁王門までで三分の二くらい、一番眺めのよい五大堂は山頂手前からわき道へ進みます。

 時間のない方は山腹の根本中堂までお参りし、ふもとで土産物屋まわりをするか、山寺駅裏側の風雅の国から眺めると良いでしょう。 山寺駅には全山を見渡せる展望台もあります。

 風雅の国は山寺向かい側の丘の上にあり、食事処、喫茶、物産館、芭蕉資料館、美術館から成る観光施設。
 山寺を真正面から見据える絶好の立地なので、登るのが大変な方はここで飲食しながら眺めるのも手。ただ、全体に値段は高めです。
2、若松観音(鈴立山若松寺)

観音堂
寺からの眺望
ムカサリ絵馬

 花笠音頭の「めでためでたの若松様」とは、若松観音こと若松寺の事。縁結びをはじめ、あらゆる「愛」に関して御功徳のあるお寺です。

 お参りして住職と記念撮影をしたら良縁に恵まれた、などという逸話もあるが、ここは結婚後のアフターフォローも万全。子宝授けから育児守りの乳絵馬など、男女の愛から母の愛までカバーしてくれます。

 また、見晴台からの絶景も見もの。この眺めが山寺と違い、駐車場からすぐの場所で見られるのもポイント高い。

 さらに特筆すべきは「ムカサリ絵馬」の存在。未婚のまま亡くなった方を供養するため、架空の配偶者を描いた絵馬を奉納するもの。元三大師堂に展示されているのは供養済みのものだが、本堂にある圧倒的多数の絵馬は供養中のもの。そちらは当然、写真撮影などは禁止です。


東根市・黒鳥観音

村山市・小松沢観音

大わらじ

 ちなみに若松寺は、山形の巡礼「最上三十三観音」の一番札所。札所の中には同じくムカサリ絵馬供養をしている所がいくつかあります。

 中でも19番黒鳥観音と、浅草の浅草寺とお揃いの大わらじがある20番小松沢観音(奉納元の地元だから)は圧巻。観光客には見せないディープな山形がそこにあります。
 なお、参拝時は現役の宗教施設だという事をお忘れなく。

3、奥の細道フルーツライン

 スタジアムから山寺立石寺へ向かうルート上に、奥の細道フルーツラインがあります。

 10ヶ所あまりの観光果樹園が点在し、6月のサクランボから11月のラフランスまで、季節ごとの果物狩りが楽しめます。

 土日には天童駅からここ経由で山寺へ行く観光駅馬車(乗り合いワゴン車)が無料で運行されます。

4、天童最上川温泉ゆぴあ

 東北最大級の露天風呂が名物の日帰り温泉。洗い場は20以上、広い内風呂、サウナもあって、キャパシティは山形最大級。

 温泉はph7.2のナトリウム−塩化物泉で揚水・循環式。加水なし。レストランや地元物産の売店・直売コーナー、マッサージ、休憩室と施設も充実している割に、料金おとな300円と格安なのが人気の秘訣です。

 スタジアム近くのララパーク内、ヨークベニマル裏からゆぴあ行きの天童市営バスが出ています(バス停まで徒歩15分ほど)

 最上川温泉ゆぴあ 公式サイト

5、寿々喜そば屋

 山形市北部にある、極太田舎そばの店。

 ネギ山盛りでツユ甘めの鳥そば、独特の中華そば、濃厚な甘じょっぱさにハマる人はハマる「鳥中華」などが人気の、きわめて個性的な店です。 所在地はこちらをクリック

6、あきばや

 モンテディオ選手も利用する、会員サポートショップ。
蕎麦も本格的だが、ラーメンメニューも充実しているあたり山形らしい。天童名物のかもラーメン(画像)は、地元では馴染みの食材・鴨肉のコクを生かしたそば屋らしい仕上がりの一杯です。
 所在地はこちらをクリック