×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 最上三十三観音霊場 巡礼札所

 

  


宿泊情報

NDソフトスタジアム山形 観戦ガイド
 座席ごとの特色、眺めなどの応援席情報トイレなどのスタジアム内施設について
スタジアムグルメ
 炎のカリーパン、芋煮、韋駄天フランク、どんどん焼きなど独特のメニューについて。
スタジアムへのアクセス
 交通手段ごとのアクセス。駐車場情報や、交通障害時の代替交通も
スタジアムの周辺ガイド
 天童駅から会場までの山形グルメ観光物産館、試合前の時間調整スポットなど。
スタジアムからの観光情報
 周辺を中心に県内の観光地や日帰り温泉、産直、山形グルメをご紹介。
山形の宿泊ガイド
 エリア別宿泊情報をご紹介。温泉、ビジネスホテル、予約サイト未登録施設情報も。
山形の気候
 山形の季節ごとの気候について。
さくらんぼなど旬の物産もご紹介。
まめちしき
 マスコットやユニフォームスポンサー、地元ならではの情報など



宿泊ガイド


 1、天童温泉と 天童市内のホテル
スタジアムもよりの温泉地。アウェイサポーター割引あり

 2、さくらんぼ東根温泉
スタジアムへの距離は天童温泉に次ぐ。駅、空港送迎も。

 3、山形市中心部
山形駅前と七日町。周辺は繁華街になっている

 4、蔵王温泉
山形県最大の温泉街かつ観光地。硫黄たっぷりの強酸性温泉。

 5、奥羽本線沿線の宿
シャトルバスで天童駅⇒乗り換えなしで行ける宿泊地



 山形の旅行会社に勤務する管理人が、職務経験にもとづく宿泊情報をご紹介するページです。

 なお、宿泊条件や空室状況は日々変化しますので、詳細につきましてはリンク先の公式HPや、直接のお問い合わせでご確認下さい。

 

1、天童温泉と 市内のホテル
 
 ◎天童温泉組合HPへのリンク

 スタジアムから国道13号線を北へ約2.5km。

 道の駅天童温泉あたりから天童駅方面へ約800mの圏内に、11軒の温泉旅館と、11件のビジネスホテルがあります。

 各施設とも無料駐車場を完備。天童駅への送迎もしていますので、ナイトゲーム後もすみやかに投宿できます。

 

 繁華街はホテル王将や滝の湯がある温泉街の中心部から、北側の倉津川沿いまで広がり、スナックや居酒屋などが軒を並べています。

天童温泉

 天童温泉組合では「モンテホームゲーム観戦サポーター宿泊割引」を実施しています。

 以下の旅館にチケットの半券を提示すれば、宿泊料金が最大15%割引されるもの。当日予約でもOKですが、カード払いは12%。なお楽天やじゃらんなど、ネットで予約した場合は対象外になりますのでご注意下さい。


ホテル王将 平日10000〜
 温泉街の中心で、全84室。近年部屋とロビー、大浴場などをリニューアルしました。
 セルフサービスが多い分、価格はリーズナブル。日〜木曜なら1名様から利用できるビジネスプラン7000円もあります。

 宮城〜山形に4軒の旅館を持つ王将グループの本館でもあり、宿泊者が利用できる山形駅や仙台駅への無料シャトルバスも便利。

栄屋ホテル 平日1室2名利用10000税別〜
 全48室。温泉街の東端で、中心部からはやや離れています。
 建物は新しめの中央館のほか、年数を経た東館があり、こちらは1名様から利用できる場合もあります食事なしビジネスプランもあり(平日限定、1名8400〜人数が増えると更にお得)。屋上には展望露天風呂もあります。

天童グランドホテル舞鶴荘 平日10000税別〜
 中心からやや東寄りで、全96室。
 近年リニューアルが盛んな天童温泉の中では、建物はやや年数が経っている方でしょう。その分料金は低めに設定しているようです。
 山形牛専門店も併設していて、夕食が焼肉の平日13000税別プランもあります。

松柏亭あづま荘 平日12000税別〜
 温泉街の東部で、全27室。やや年数の経った西館から、数寄屋造りの露天付き離れ「光陰」まで部屋パターンが多く、その分価格帯が広め。
 天童温泉最大の露天風呂がありますが、混浴です。(内湯は男女別)


ほほえみの宿 滝の湯 平日2名利用12000税別〜
 温泉街の中心部で、全111室。
 朝付き8400円のシングルルームから、2008年リニューアルした4万円台の露天風呂付き特別室まで幅広い部屋構成の旅館。
 料理はカップルや女性にも評判の創作系が中心。大浴場も天童温泉最大級ですが、露天風呂はありません。

天童ホテル 平日10000税別〜
 温泉街中心部で、125室・10階建ての天童温泉最大の旅館。団体客に特に強く、館内は全体に広々したレイアウトで、清潔感もあります。
 1万円台の一般客室から、2万円以上の特別室までタイプもさまざま。広めの大浴場には、露天風呂も併設されています。

檜風呂の宿つるや 平日2名利用13000税別〜
 温泉街の南寄りで、全24室。木を基調にした純和風の旅館で、中庭を回廊で囲む設計。
 全体に落ち着いた感じのお宿です。

 昨年露天風呂と、露天付き客室を新設。館内にスナック等はありませんが、周辺に飲食店が多数あります。また各部屋の風呂にも温泉が引いてあります。

湯坊いちらく 平日2名1室14000税別〜
 2009年6月 リニューアルオープン。

 露天風呂付き客室が充実した旅館でしたが、改装後の情報はこれから収集します。

湯の香 松の湯 平日4名利用14000税別〜
 天童温泉の南寄りで、全12室の和風旅館。
 最小の部屋でも8畳+6畳の続き間。露天風呂つき客室や2層のメゾネットタイプもあるなど、各部屋が広々しており、小さな宿ならではの行き届いたおもてなしも評判です。
 2種類の源泉をかけ流しする大浴場も自慢。

雅びの宿 花月楼 平日2名利用 15000税別〜
 温泉街の北で、全19室で日本庭園もある2階建て和風旅館。客室は基本数寄屋造りの純和風二間続き以上ですが、モダン和室や、ベッドの洋室もあります。

 浴室は男女とも、内湯と露天風呂完備。なお、楽天やじゃらんには登録していない宿です。
 

天童荘
 温泉街のやや東寄り、全7室の純和風割烹旅館。もともと鰻が名物の料亭だけあって懐石料理が自慢で、天童温泉では一番の高級路線。
 料金は一泊3万円台〜5万円台といった所。今年4月、露天風呂付き客室や会食場をリニューアルオープンさせました。

天童市内のホテル

 市内のホテルのうち、楽天トラベルやじゃらんネットに登録していない宿泊施設を紹介致します。ご参考にどうぞ。


王将ビジネスホテル 
料金:シングル(16室)4500円〜ツイン(3室)・和室(19室)もあり
住所:山形県天童市大字貫津486-1
電話:023-654-4820
スタジアムから北へ約2.5kmの国道13号線沿い。温泉ではないが大浴場・サウナもあり。ちなみに一階食堂の煮込みは、んだスタ内でも販売している名物メニューです。

万代ビジネスホテル 和室20室
料金:素泊まり3900円〜、二食付き5000円〜
住所:天童市乱川1255-1
電話:023-654-2390
スタジアムから北へ約6kmの国道13号線沿い東側。東根市に入る一歩手前だが、南進車線側なのでUターンしてくる必要があります。餅も名物

ビジネスホテルだいまる 全19室(シングル、和室)
料金:二食付き5000円〜
住所:天童市高擶北3405
電話:023-655-2511
スタジアムの南方へ約2.5km。天童南工業団地の中にあり、回りには自動車学校も多い。場所柄長期滞在客もいる。


 なお、スタジアムから国道13号線を北へ約9km(車で約15分)にある、東根市神町(ひがしねし じんまち)の山形空港近辺には、カップル向けのホテルが10軒ほど集中しています。

 「神町 ホテル」でGoogle検索するといいでしょう。

ページトップへ


さくらんぼ東根温泉


 んだスタより北へ車で20分ほど。
天童市となりの東根市に、さくらんぼ東根温泉はあります。

温泉街ゲート

足湯

茶褐色か無色の湯

こまつの湯

オオタ湯

オオタ湯

 透明な茶褐色または無色の塩化物温泉で、温まり効果が高い泉質。なお源泉温度は70度近いので、温度調整している施設がほとんど。

 足湯(無料)や、こまつの湯やオオタ湯など温泉公衆浴場が5軒もあるのがポイント。食堂や居酒屋、ナイトスポットなどもありますが、率直なところ天童温泉よりは少ないようです。

 山形到着・出発時に、旅館から山形新幹線・さくらんぼ東根駅や山形空港まで送迎してくれる場合もありますので、相談してみては?

 なお、東根温泉は盆と正月、GWのほか、さくらんぼが最盛期をむかえる6月中旬〜7月上旬の土日・祝日前後はたいへん混みあいますので、部屋が取れない可能性がある点ご留意ください。

 日帰り入浴なら「湯めぐり季」がおトク。1000円で3回分の入浴券(木札)になっていて、温泉内の22件の旅館および5軒の公衆浴場のどのお風呂でも利用できます。(連休時やさくらんぼピークなどの混雑時には使えない場合もあります)。利用時間は10:00〜20:00が基本。湯札は各旅館・公衆浴場で売っています。

 なお、東根温泉の各旅館を、私なりの視点で分類してみました。
あくまで私見ですが、参考程度にどうぞ。


広く県外客も受け入れする 観光旅館

よし田川別舘
東根最大の大浴場(露天あり)と瀟洒な日本庭園。お得なステーキプランも人気。

ののか本郷館
東根では最も垢抜けた旅館。建物も新しい方で清潔感がある。喫茶ギャラリーも。

たびやかた嵐湯
 お湯のない「嵐の湯」で全国展開する本部として知られる。温泉街中心という立地もいろいろ便利。

花の湯ホテル
東根温泉最大のコンベンションホールを持ち、露天風呂付き客室などもある和風旅館。

主に地元やビジネス客対象の 中規模クラス旅館
 

青松館

東根グランドホテル

ホテル来山荘

あづまや

旅館松浦屋

東根荘

家庭的なサービス 小規模クラス旅館

さくら湯

大二館

長岡旅館
小関館 松の湯旅館 最上屋旅館

ほぼ湯治専門 シンプルな湯治館

不二の湯

いづみ湯

さくらんぼ東根温泉 公式サイトへ


3、山形市中心部

 山形市は県庁所在地だけあって、ホテル数は県内一。
特に山形駅周辺と、古くからの繁華街である十日町〜七日町に集中しているようです。エリア別にご紹介しましょう。

山形駅西口

 近年の区画整理で誕生した街並み。西口前にはまだ新しい全国チェーンのホテルが林立しています。
 スタジアムへのシャトルバスも西口発着なので便利ですが、反面飲食店は東口に比べると多くはありません。

霞城セントラルより

 駅直結のビル、霞城セントラル19〜21階のワシントンホテルをはじめ、ホテルルートインスーパーホテル東横イン、リッチモンドホテルなど、おなじみのホテルが立ち並んでいます。。
 

山形駅東口

 山形市の玄関口だけあって、新旧さまざまなホテルが林立。駅前の左手には繁華街が広がっていて、夜遅くまで賑わうエリアです。

 参考までに、このエリアで楽天・じゃらんに登録していないホテルの情報を一部記します。なお料金はあくまで目安です。内容・条件などは各自様にてご確認ください。


仙台屋旅館
料金:4830円〜
住所:山形市木の実町10−26
電話:023−642−0913

ビジネスホテルおかざわ

料金:2950円〜

住所:山形市香澄町1-14-13

電話:023−633−1616

ビジネスホテル大正館
料金:3800円〜
住所:山形市香澄町1-15-30
電話:023−622−4475

ホテルイーストワン(じゃらんにはあり)
料金:4500円〜
住所:山形市香澄町1丁目18−12
電話:023−635−0303

十日町〜七日町

 山形駅東口からまっすぐ650m、十日町十字路から北に延びる「七日町通り」を中心とする、古くからの商業地です。老舗デパートや飲食店、屋台村、居酒屋やパブなどの繁華街が立ち並び、宿泊施設も多い。

 ここでも、ネット予約サイト未登録の宿を情報としてご紹介します。なお料金はあくまで目安です。内容・条件などは各自様にてご確認ください。


ビジネスホテル前田
住所:山形市本町2-3-12
電話:023−623−3215

ビジネスホテルサトー
料金:3800円〜
住所:山形市諏訪町1-7-21
電話:023−631−3331
URL:http://www18.ocn.ne.jp/~bh_sato/

泉景旅館
料金:4600円〜
住所:山形市十日町2-2-50
電話:023−631−1921

和風ビジネスホテルさいとう
住所:山形市十日町4-1-34
電話:023−622−4644

ページトップへ


4、蔵王温泉(ざおうおんせん)

大露天風呂
 
 ◎蔵王温泉組合HPへのリンク

 山形駅から山形交通・蔵王温泉行きのバスで30分ちょっと。スタジアムからは車で1時間ちょっと。

 蔵王連峰の中腹・標高900mの高原に、山形県最大の温泉リゾート「蔵王温泉」があります。バスは早めに最終便が出てしまいますので、バス利用の場合は前泊またはデーゲームでの利用になるでしょう。
 

 蔵王温泉は50件近い温泉旅館のほか、高原リゾートホテルやスキーロッジ、ペンションが広大な高原内に点在しています。

 泉質はph1.3〜1.5と日本屈指の強酸性。湧出量も毎分5000リットル以上と豊富なのに加え、多量の硫黄を含みますので、温泉街にはいつも湯煙と硫黄の臭いが漂っています。

 温泉街は、1900年前に開湯して以来の歴史ある温泉街のほか、スキーゲレンデ麓に温泉ホテルが点在しバリエーション豊かな温泉地です。

 定番みやげは「稲花餅(いがもち)」
笹の葉に、こしあん入りのつきたて餅3個が乗るのが基本で、アクセントの黄色く着色されたもち米が名前の由来です。日持ちしませんので、その日のうちにお召し上がり下さい。

 

 ロープウェーで山頂に行けば山形盆地の絶景が。蔵王温泉バスターミナルから山形交通バス 刈田岳行き(かっただけ)で1時間ほどの行けば、エコーラインの眺望と、火口湖の蔵王のお釜が見られます。ただし、霧がかかりやすいので天候を確認の上向かったほうがいいでしょう。

ページトップへ



5、奥羽本線沿線の温泉地

 天童駅/山形には、スタジアムからシャトルバスが出ています。
この両駅がある奥羽本線/山形新幹線の沿線には温泉が多く、「温泉新幹線」の異名さえ持っています。

 そんな鉄道沿線にある、代表的な温泉地を紹介致します。
かみのやま温泉駅
 
 奥羽本線で天童駅から45分、山形駅から13分。かみのやま温泉駅は、その名の通りの場所です。


新湯地区

葉山地区

下大湯公衆浴場

 上山市内に点在する7地区の温泉(湯町、十日町、新湯、高松、葉山、河崎、金瓶)の総称が「かみのやま温泉」。

 宿が多いのは新湯と葉山ですが、両地区とも駅から歩くのはやや遠い。タクシー利用がおすすめ。(駅から送迎してくれる宿もあり、それぞれお問い合わせ下さい)

 開湯550年の歴史を持つ温泉地で、30余軒の旅館と5つの100円共同浴場、5つの足湯があります。公衆浴場は安い反面、昔ながらの浴場なので、石鹸やシャンプーなどの備品はなく、シャワーもない浴場も。外湯感覚で利用するとよいでしょう。

 定番のお土産は「中条まんじゅう」と「利休堂のかりんとう」。

 旅館構成の多彩さもかみのやま温泉の特徴。代表的な旅館を、構成別にご紹介します。

大型観光旅館
日本の宿 古窯(こよう) プロが選ぶ日本の宿 総合3位の宿
月岡ホテル 
ニュー村尾 天童温泉からのシャトルバスあり(ホテル王将グループ)

展望風呂のある中規模旅館
有馬館
あづま屋

和風の上質な旅館 露天つき客室あり
名月荘
葉山館
時代屋

女性に人気 デザイナーズ系旅館
橋本屋
月の池

ページトップへ