×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 山形さくら紀行 山辺町 嶽原のオオヤマザクラ

 

HOME 山形 桜名所紀行 山形の自然
置賜さくら回廊 村山地方の桜 庄内・最上地方の桜

大森山のオクチョウジ桜

DATA
所在地 新庄市休場地内(地図参照)
アクセス 車以外では困難でしょう
樹齢
本数 株立ち20数本
撮影 2008年4月26日
駐車場 なし
売店 なし
ライトアップ なし
樹種 オクチョウジザクラ
大きさ 枝張り 南北9.7m 東西8.6m
高さ4m
地図 Google Map


 日本海側の豪雪地帯に適応した、珍しい自然の特産種桜。

 雪の多さに合わせて背丈は低く、枝や幹はよくしなり、たいてい根本で曲がっているのが多いという品種。

 ここのオクチョウジザクラは日当たりのいい斜面に自生していることから大きく育ち、枝張りでは日本一とも言われるもので、新庄の市指定天然記念物になっています。

 名前の由来は、花の下の部分「萼筒(がくとう)」が長いのを漢字の「丁」の字にみたてたものといわれます。

 ただ、この桜にお目にかかるのはやや大変。

 場所は新庄市内の国道13号線から県道310号線を経て、広域農道を約5km進んだ山の中にあります。途中に案内看板もありますが、現地には道端に小さな看板があるだけなので、見落としやすいから注意だ。

 道路からも斜面の中腹に小さく見えるが、近くに行くにはこの斜面を登る必要がある。道はないので草むらや笹薮を抜けていかなければなりません。

 敷居の高い桜なので、見たい方は頑張って下さい。


HOME 山形 桜名所紀行 山形の自然
置賜さくら回廊 村山地方の桜 庄内・最上地方の桜