×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 山形さくら紀行 山形の花見 新庄市 カド焼き祭り 炭火焼きにしん 最上公園の桜 新庄城跡の桜 戸澤神社 新庄護国神社 新庄天満宮 

 

  

もがみこうえん
最上公園
4月下旬
〜5月上旬
所在地:山形県新庄市堀端町6−86
     (最上公園内・戸澤神社の住所)
アクセス:山形県新庄市堀端町6−86(戸澤神社)
本数:約360本 撮影:2007年4月28日  
駐車場:ふるさと歴史センター等周辺に多数あるが、混雑する。
売店:カド焼き祭り特設会場・2300円。他に屋台多数。
ライトアップ:あり
周辺のスポット  樹種

ソメイヨシノ
ベニシダレ 他
新庄市観光協会・カド焼き祭りサイト


 山形屈指の豪雪地、新庄市
春の訪れもまた県内では遅めで、桜の満開は例年GWになる事が多い。

 そんな新庄市だからこそ、春の喜びもひとしお。
迎春の歓喜を桜の下で祝う春の風物詩、それが「カド焼き祭り」だ。

 「カド」とは「にしん」の事。
山形県内陸地方では冬、雪のため新鮮な魚の入手が難しかった。

 雪が融けて入ってくる待望の鮮魚が、このにしん。

 そのため新庄はじめ、県内各地でにしんを「春告げ魚」と呼び、これを肴に春を祝う酒盛りをしたり、伝統的ひな祭りのお供えにしたものだ。

 そんな伝統に基づくイベントが「カド焼き祭り」。

 時まさにゴールデンウィーク。見ごろを迎えた旧新庄城跡・最上公園の桜の下で、炭火でにしんを焼き、うららかな青空の下で一杯やる。そんな趣向だ。

 特大カド一尾、ワンカップ、花見だんご、山菜がセットで2300円。
会場では歌謡ショーや郷土芸能も催される。

 他にも多くの屋台が出て、最上地方一番の賑わいを見せる。