×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 山形さくら紀行 山形市 馬見ヶ崎さくらライン 桜ライン 馬見ヶ崎川の桜並木 馬見が崎さくらライン まみがさき桜

 

  

 馬見ヶ崎さくらライン


所在地:山形市小白川町 愛宕橋付近〜
     緑町 馬見ヶ崎橋付近
アクセス:
本数:約200本 撮影 2008年4月18日
駐車場:馬見ヶ崎プール・ジャバに400台。 ほか周辺に多数
売店:あり ライトアップ:あり  
樹種:ソメイヨシノ

『馬見ヶ崎さくらラインライトアップ』 公式HP



 山形市を代表する桜並木。
だが、その本数は200本。決して多い数ではない。

 その割に、花見客の数は県内の観桜スポットの中でも屈指の動員数を誇り、満開ともなれば渋滞が起きる程だ。

 市内中心部を流れる川沿いの桜並木で、ライトアップもされるから人気が出るのも納得だが、理由はそれだけでない気がする。

 その要因を考えてみた場合

@車で桜の通り抜けができる

 山形は車社会。そのため長い距離を歩く事は敬遠しがち。
さくらラインは車で桜のアーチをくぐれるから、総延長2.6kmの距離も苦にならない。手軽に花見気分を味わうにはもってこいのスポットだ。

A車でのアクセスの良さ

 さくらラインは、東が山形蔵王ICに直結国道13号線からも北進車線は山形大橋で。南進は双月町で下りればすぐ桜並木だ。
 付近に無料駐車場も多く、車で来やすいのが利点。

B周辺にも桜スポットが多い

 さくらラインの沿線には、薬師公園、護国神社などの桜名所が点在し、市内最大の桜名所・霞城公園にも車なら10分足らずの距離だ。
 相乗効果で、花見客がますます増える計算になる。

C花見宴会には最適な公園
 
 さくらライン周辺は、秋になると芋煮会をする市民であふれかえる。
「日本一の芋煮会」で使用する6mの巨大鍋も普段はここに鎮座しており、河川敷は飲食がしやすい公園として整備されている。
 「花より団子」の花見宴会をするには、もってこいの場所だ。


 そんな特性もあって、毎年多くの花見客で賑わいを見せるスポットだ。