×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 山形さくら紀行 庄内町(旧立川町) 楯山公園

 

  

楯山公園

風力発電の巨大風車

風車村のシンボル

ウィンドーム立川


所在地:山形県庄内町狩川字笠山
アクセス:
樹齢:
本数:500本 撮影  2008年4月20日
駐車場:公園内に約100台
売店:あり ライトアップ:あり
周辺のスポット:風車村
樹種:ソメイヨシノ 他


 
 庄内平野の入り口に位置する、山の上に整備された公園。
500本ほどの桜が植樹されており、花陰から立川名物の巨大風車などを眼下に見下ろす、眺望自慢の桜公園。

 ここは戦国時代、庄内を領した山形城主・最上義光によって「狩川城」が設けられた歴史を持つ。

 江戸時代には廃城となったが、大正時代に公園となって桜名所への道を歩みはじめた。
 しかし戦中・戦後の混乱で一時荒れてしまったものの、戦後篤志家などによって再び桜が植樹されはじめ、現在に至るという。
 
 現在の楯山公園は駐車場が多く、売店や芝生広場、そして風のテーマパーク「風車村」には展望台や遊具が設置されているなど、花見行楽には丁度いい条件が揃っている。

 
家族や仲間で花見の宴を張るには絶好の場所と言えよう。