×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 山形さくら紀行 東根市 白水川堤防の桜並木

 

  

白水川堤防の桜並木
(しらみずがわ ていぼうの さくらなみき)

東根橋〜白水川橋間 向かって西
先に見える山は「葉山」

白水川橋西側 豊作稲荷神社

新白水川橋 西側の北岸

東根第二中学校前より東方向

月山遠望


所在地:山形県東根市 白水川沿い 総延長6km
    (東根市東根 柳町橋付近
    〜東根市蟹沢 蟹沢橋付近の約3km×両岸)

※中間点
アクセス:JR奥羽本線 東根駅から南に徒歩10分
      国道13号・新白水川橋からも一部に直接入れます。
樹齢:約50年級が中心
本数:144本 撮影  2008年4月20日
駐車場:特に無いが、道路わきに駐車できる場所が点在する。
売店:なし ライトアップ:なし
周辺のスポット:
樹種:ソメイヨシノ


 
 白水川の両岸に、樹齢50年級のソメイヨシノ144本が咲きそろう。
どの木も幹・枝は力強く、樹勢旺盛な花盛りの桜並木だ。

 西に遠く月山・葉山の峻嶺を望み、東に奥羽山脈の複雑な稜線が迫るロケーションも素晴らしい。

 桜並木は、東根市の旧市街地が東の起点。
沿道は稲荷神社や鉄橋、公園など変化に富んでおり、秋には東根市民が芋煮会を楽しむような親水空間として整備されている。

 ただ、この区間は鉄道・国道の2ヶ所で分断されているため、通しで散策しにくいというのが難点だ。

 その点を考えても、要所要所に眺望ポイントを持つ、魅力的な桜並木である事には変わりはない。