×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 山形さくら紀行 舟形町 猿羽根山公園の桜 猿羽根山地蔵尊

 

  

さばねやまこうえん
猿羽根山公園の桜

月山

猿羽根山地蔵

葉山

さばね山遊園地跡


所在地:最上郡舟形町猿羽根山
アクセス:
本数:100本 撮影  2008年4月29日
駐車場:約50台
売店:なし ライトアップ:なし
樹種:ソメイヨシノ


 
 最上郡の南の入り口にあたる、猿羽根山。

 ここに鎮座する「猿羽根山地蔵尊」は、日本三大地蔵尊に数えられる事もある、縁結び・安産・子宝のお地蔵様として信仰を集めている。

 旧羽州街道の要衝だったこの地には一里塚なども残っており、公園内の歴史民俗資料館には移築された民家や、舟形町内で出土した八頭身縄文土偶「縄文ヴィーナス」のレプリカなどがある。

 また猿羽根山からは、眼下に最上川が流れ、遠くに月山・葉山を桜の向こうに一望するという、なかなかの眺望が楽しめる。

 この文化・歴史・自然に恵まれた猿羽根山は、森林公園「うるおいの森」として、100本の桜を始め、さまざまな季節の花や樹木が、訪れる者の心を癒してくれる。

 かつては「さばね山遊園地」もあったが昭和の末に閉園。
ただ、公園としては現役なので敷地内はきれいに保たれている。

 桜も眺望も、遊園地跡あたりが一番の見所のようだ。こうなると展望台が閉鎖されているのが、いかにも惜しい。