×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出羽国一里塚 山形さくら紀行 新庄市 泉田桜通りと旧矢作家住宅 国指定重要文化財

 

  

いずみたさくらどおりと きゅう やはぎけ じゅうたく
泉田桜通りと旧矢作家住宅


所在地:新庄市泉田往還東460(旧矢作家住宅)
アクセス:新庄駅より 山交バス金山行き乗車で16分
      泉田十字路下車 徒歩7分
樹齢:50年前後が多い
本数:70本 撮影  2008年4月26日
駐車場:旧矢作家住宅の脇に約10台
売店:なし ライトアップ:なし
樹種:ソメイヨシノ


 
 最上地方を代表する桜のトンネル通り。

 樹齢50年ほどのソメイヨシノは古木の雰囲気を漂わせ、道の両側から通りを覆いつくさんばかりの咲きぶりを見せてくれる。

 この通り沿いには、国指定重要文化財の「旧矢作家住宅」がある。

 ここからやや西方、萩野集落から移築された江戸時代中期の農家で、最上地方の多雪対策住宅「まや中門造り」の典型的なもの。

 冬場は休みだが、入場は無料。管理棟に記帳すれば解説付きで中を見学させてもらえる。地域の歴史にも触れられる桜名所だ。