×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  

きふね

もりそば

そば専門入り口側

ラーメン側入り口
住所 山形県山形市天神町68
電話 023−684−8446
更新日 2006年11月11日

MapFan地図
営業時間 午前11時半〜午後7時半
駐車場 約12台
期間 年中
休日 水曜日
つなぎ:そば粉  1:10(十一)
創業 1996年


主なお品書き
ざるそば 600円
もりそば 550円
天ぷらそば 1400円
にしんそば 850円
とりそば 800円
鴨南ばん 950円
たぬきそば 700円
天ざる 1400円
鴨せいろ 950円
かしわせいろ 800円
納豆そば 850円
とろろそば 800円
板そば(2人前) 1000円
板そば(3人前) 1500円

太打ち田舎そば 700円
天付き田舎そば 1500円
並そばと田舎そばの2色板 2000円

そばがき 800円
ざるうどん 600円
とりうどん 800円
天ぷらうどん 1400円
カレーうどん 900円

天ぷら 800円
にしん棒煮 400円



 「濃いとこ紹介」を標榜し、「山形でしか食べられない」独特な蕎麦のみを紹介してきた本コーナー。

 いずれ劣らぬ個性的なラインナップ故、ひょっとするとカルチャーショック級の店ばかりだったかもしれない。

 ここらでひとつ、正統派のそば屋をご紹介致そうか。
管理人が「真っ当な蕎麦」を食べたくなるとよくお邪魔する店。

 それがここ、 「きふね」

 きふねでは田舎そばも出すし、板そばもある。本来そちらを紹介する所だが、今回敢えてもりそばで行く理由。

 それは、その方がこの店らしいと思ったからだ。

 店主は細打ちで知られる名店で修行し、田舎そばも打てる。
その気になれば如何様にも出来ようが、行き着いたのは、太すぎず、細すぎずのこの形。 これが「きふね」のスタンダードと言えよう。

 ズズっとたぐって喉越しを楽しむのもいいが、噛みしめてみるのもまた良し。

 太打ちに劣らぬしっかりした歯応えと、高い香りと味わいは、確かな仕事を証明してくれる。

 つゆも添加物の類を全く使用せず、蕎麦の味わいを引き出してくれる。

 至極真っ当で、まっつぐな蕎麦。これが貴船の真骨頂だろう。


 また、蕎麦を美味しく食べられるよう、きめ細やかな心遣いが為されている点も嬉しいところ。一例を挙げてみよう。

 上の画像で、入り口が二つあるのにお気づきだろうか。

 実はこの店、ラーメンも出しているのだ。
山形は『一人当たり中華めん消費額・日本一』のラーメン大国だったりする。

 理由は諸説あるが、県内に数多くあるそば屋のほとんどでラーメンも提供しており、それが蕎麦に劣らず美味いというのも大きな要因だろう。

 ラーメンの方が人気が出てしまい、苦笑いしているそば屋も珍しくない程だ。

 余談が長くなった。店内は入り口ごとに分離しており、南側「きそば」暖簾から入るとラーメンは食べられない。メニューにもない。ラーメンが食べたいメンバーと共に行くときは、北側「ラーメン」暖簾から入れば両方頂ける。

(元々、両親が営業していた「レストハウス貴船」から独立した蕎麦屋。近年合併した時こういう造りにした)

 こんな造りになってるのも、蕎麦の繊細な香りが味噌ラーメンなどの強い匂いで消えてしまわないようにとの心遣いからだ。

 山形に蕎麦屋数多あれど、ここまでこだわっている店は寡聞にして知らない。
又、同様の配慮から、きそば側は全席禁煙になっている。



 蕎麦の好みは人それぞれ。

 「美味い蕎麦屋は?」
と問われれば正直迷うが、

 「奇を衒わず、真っ当でまっつぐな蕎麦屋は?」
と問われれば自信を持ってお奨めできる。

 「きふね」はそんなお店の一つです。