×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名称 あらきそば ふりがな あらきそば
住所 山形県村山市大久保甲65
電話番号 0237−54−2248 営業時間 午前11時〜
午後6時
期間 年中 休日 毎月11日、26日
更新日 2005/3/8 つなぎ:そば粉
駐車場 だいたい20台 創業 大正8年
主なお品書き うす毛利 735円(店内の張り紙700円のまま、注意)
むかし毛利 1420円(これも表示は1300円、注意)
にしん 370円(これまた筆書きは350円です)
アクセス
 山形そばを象徴する店の一つ。
画像は「うす毛利」です。昔ながらの
「むかし毛利」はこの倍。店が認める
勇者でないとなかなか出してもらえ
ません。それほどのボリューム。

 まあ、うす毛利で不足ならその半分
づつ追加できるおかわり制だと思って
ください。
 
 ああ、肝心の味ね。何せ象徴だけ
あってお手本のような農家の振舞い
蕎麦そのもの。歯応えある極太そば
は噛みしめるごとに蕎麦そのものの
甘みと香ばしさが口に広がります。

 粉は地元産、打ち方は創業当初の
まま、築後200年近い藁葺き屋根の
農家そのまんまというロケーションも
あいまって、「田舎そば喰った!」感
絶大な所が人気の秘密でしょうな。

 え?右中央の黒い物体何だって?
これが名物のにしんですよ。身欠き
にしんを味噌でじっくり煮込んだ物で
、新鮮な魚が入手しにくかった昔の
山里の定番おかず。これまたそばに
良く合います。そばが主食の一つ
だった頃が偲ばれる味。
上:うす毛利

下:にしん

マップ
一覧へ
トップへ