×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ
トップページ 「神社」へ


お社名 猫の宮
ふりがな ねこのみや

屋根の棟に書かれた「猫之宮」がおちゃめ


神社向かいの「たこ杉」

写真は犬の宮以上

圧倒的な写真密度


 全国でも珍しい、猫を祀った神社。ネコガミ様である。名前はタマである。
隣接する「犬の宮」の後日談から生まれたお宮で、
けっこうホラーな伝説が言い伝えられております。
 
 
犬の宮事件から約70年、この村に信心深い庄屋夫婦がおったそうな。
 
(・・・だから当時「庄屋」言うかってえの!時代考証が甘いぞ高畠町!)

 その夢枕に観音様が立って「猫を与えるから大事にせよ」とのお告げがあり、授かった猫に玉と名付けて可愛がったそうな。

 ところがこの玉がちょっと変。庄屋の傍を片時も離れず、何かを狙うかの様に睨みを利かせるという、不気味な仕草を見せ続けるのでした。

 気味が悪くなった庄屋は、思い余って懐剣で玉を
一刀両断!

 何と!
玉の生首は宙を飛び天井裏に飛び込んだ!

驚いた庄屋が天井裏を恐る恐る覗いた所、そこには更に恐るべき光景が!

 天井裏に潜んでいたのは
大蛇!
玉の生首が大蛇に食らいつき噛み殺していた!


・・・あんまし想像したくない光景ですな、夢に出そうだ。

 この大蛇は犬の宮事件で果てた狸の怨念の化身だったのだ!
 
(良くそんな事が分かったな庄屋。蛇の頭に葉っぱでも乗ってたのか?)

 庄屋の命を救った玉を偲び、建立されたのが「猫の宮」という。


 まあ、こんな強烈な由来を持つ猫の宮。愛猫家より高い崇敬を受けております。
その信仰形態は犬の宮と同様、亡くなった愛猫の菩提を弔うべく、感謝の言葉を添えた故猫の写真を正面に貼りつけるというもの。

 ただ、そのボリュームは圧倒的で、写真の点数では犬の宮を遥かに凌駕しております。愛猫家に負けてるぞ。頑張れ全国の愛犬家諸君。

 お宮の前に立つと、視界全てが猫の写真。みんなこっちをじっと見てます。
写真の迫力と伝説の恐怖度は犬の宮以上ですが、あちらほどミステリアス度は高くありません。

 やっぱ平地にあってオープンな雰囲気だからかな。こっちの方が写真多くなるのも仕方ないのかもしれません。

 猫の件でお悩みの愛猫家の方、安心してご参拝下さい。


詳細情報
住所 山形県東置賜郡高畠町高安 地内
更新日 2005/08/01
電話番号 なし(無人)
ご祭神 猫のタマ(玉)
開山 延暦年間(奈良時代末~平安時代初頭)
開基 地元の村人
拝観料 無料、って言うか参拝自由。
アクセス ・・・マイカーか高畠駅からタクシー利用が吉。
駐車場 25台(犬の宮と共用)
社殿など 神仏混淆の本殿のみ
御神体 未確認
鳥居 石鳥居の台輪鳥居
お守り等 なし
年間行事 なし



大きな地図で見る


 

トップページ 「神社」へ