×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


(2004年12月15日現在の情報)

 山形県にけっこう残ってる擬洋風建築の代表格・通称「旧県庁」。
特筆すべきはこの手の建物にしては珍しく、実際に利用できるって
所でしょう。どんな風に使えるかって?
  • まず見学無料、出入り自由。
  • 撮影自由。フラッシュ焚いても文句言われません。
  • そして、レンタルスペースとして利用する事も可能!
    ここで会議や展示会、コンサートを企画したり、挙句に
結婚式も挙げられます!

大正ロマンあふれる『文翔館ウエディング』は大人気!

 前置きはこの位にして、その魅力を紹介して参りましょう。 

正門前からの外観。

英国風ルネサンス
様式の姿はけっこう
有名なので、写真を
見た事がある人も
多いのでは?

 ちなみに中庭も、
イベントスペースと
して利用可能。
正面玄関前
 間近に見上げると結構大きい。
上の写真に注目!背景にビルなどが
ないんで、今でも大正5年の創建時と
変わらない威風を保ってます。
 て、言うか山形には高層建築自体
ほとんど無いけどね。
●エントランスホール
 「入場無料」の看板に甘えて勝手に
足を踏み入れる。本当にタダ?って
感じの豪華さ!まあ税金で維持して
いるんだし利用せにゃ損々。
 受付嬢がカスリの着物にハカマ姿の
大正女学生スタイルでお出迎え。
中庭
 正面からは石造りに見えますが、
実はレンガ造りだってのが分かる。
 ここに来たら裏にも廻って下さい。
後姿もなかなか決まってます、この
建物。
●正庁
 館内で一番広く豪華な作りの部屋。
夏場はバルコニーにも出られます。
 文翔館は、大通りの突き当たりに
あるから見通しが良くていい眺め。
 ここでは、天井の装飾にご注目!
●その天井の装飾
 何で”擬”洋風建築と言うかこれを
見れば納得の、漆喰の鏝絵!
 西洋の技術でなく、日本の職人芸
による建築物だってのが一目瞭然。
 よく見ると所々に山形の特産品が
混ざってます。暇な人は探してみよう
内務部長室
 ここも結構ゴージャスな部屋。
実はここ、会議室として格安で利用
できたりするんですわ。夕方5時から
9時まで2190円で。
 このロケーションで会議!落ち着く
ような落ち着かんような・・・
知事室
 まんま県令の執務室。椅子と机に
囲いが無い点に注目。 ええ自由に
着席してふんぞり返ってもよろしゅう
ございますとも。私?もちろん座って
みましたとも。
旧県会議事堂
 ここが文翔館ウエディングの会場。
私が行った日も、式の前撮りで新郎
新婦が来てました。その他講演会や
コンサート会場としても大人気!
 展示会や講習会などに利用できる
部屋もあって、使える施設です。


文翔館・冬
(2005年3月7日撮影)
●東門方向から庁舎を望む

 山形市内中心部は、県内じゃ
雪の少ない方ですけど、やっぱり
冬には雪化粧になります。
 夏場とはまた違った趣き。
旧県会議事堂

 こちらはレンガ積みが主体で、
花崗岩をアクセントとした設計。
 渡り廊下で本館とつながって
いて、出入りは本館側からのみ
可能となってます。


館内には他にも喫茶室や山形県の歴史・観光情報の展示も
ありますんで、山形に来たらまず情報収集に訪れるのも吉。

ここのデータを見る